ネットで買える「訳ありパソコン」はお買い得?


常に会社で使うならバッテリーに問題があっても大丈夫

インターネットオークションなどで出品されている中古パソコンの中には、「難あり」「訳あり」といった注釈つきのものが存在します。こうしたパソコンは相場の何割か安いので一見お買い得ですが、出品者による説明をよく読んで落札しないとあとで困ったことになるケースも少なくありません。では、「難あり」の法人向けパソコンをネットオークションやフリマアプリで購入する場合、どういった点に注意すればいいのでしょうか。まず、よくあるのがバッテリーに難を抱えているノートパソコンです。こうしたパソコンは仮に充電したとしてもすぐに放電されてしまうので外出先に持っていって電源プラグを差し込まずに利用することができません。ただ、オフィスの机などに置き、常に電源プラグを差し込んで利用する場合は問題ないので、外に持ち出すつもりがないならお得に買える可能性が高いでしょう。

通電のみ確認と書かれているPCには要注意

「通電のみ確認」という記載もよくあります。文字通り、電源が入ることは確認できたパソコンということですが、こうしたものはいくら相場より安くても落札しない方がいいでしょう。というのは、壊れているかもしくはパーツが足りない可能性が高いからです。「BIOSパスワードがかかっています」という法人向けパソコンも訳ありでよく出品されますが、これもいくら安く買えるとしても手を出さない方がいいでしょう。というのは、BIOSパスワードがかかっている場合、そのパスワードを入力しない限り、OSが起動しないからです。一方、「使わなくなるまで動作していたけど、しまってからチェックをしていないのでジャンク品扱い」というパソコンは、ジャンクでも動作する可能性が高く、お買い得かもしれません。

ビジネスパソコンは大容量のメモリが必要です。グラフィックソフトを快適に稼働させるためには大容量のメモリと高性能なCPUが不可欠で、ロースペックでは快適に社員が仕事を進められません。