通販はECサイトだけでは成り立たない!物流についても考えよう!


ECサイトだけでは通販はできない

ECサイトを立ち上げることで商品をウェブ上で販売できるようになります。販路を広げる上で重要な方法の一つとして注目され、多くの企業が導入するようになりました。しかし、ECサイトを構築しただけでは通販は成立しません。あくまでサイト上でできるのは注文を受けることだけだからです。システムがしっかりしていると在庫管理もできますが、基本的にはユーザーが注文をシステム上で行えるようになっていて、その注文通知が運営者に届くようになっているだけなのです。取引を成立させるためには商品をユーザーの手元に届け、その対価として代金を受け取らなければなりません。この商品を届けるという点で欠かせないのが物流なのです。

ECサイトと連動させよう

通販の物流はスピードが求められることが多く、宅配便などで送られてくるのを心待ちにしているユーザーに速やかに届けるのが重要になります。理想的にはECサイト上で注文が入ったら即発送という形を整えることになりますが、常に注文の連絡が来るかを監視していて、来たらすぐに手配するというのを人力で行うのは大変でしょう。しかし、ECサイトと連動する物流システムを導入してしまえば自動化して運用できます。発注があったら自動的に物流会社に連絡が届き、速やかに倉庫から出荷するといったフローを作り上げることが可能なのです。物流会社との提携も必要になりますが、予め手配をしておけばECサイトの運営も簡単になり、ユーザーからの評判も良くなります。

一連の作業としては、個人や企業から注文を受けた商品の検品、梱包から出荷、顧客に届けるまでを指します。通販物流は、それらを一手に担うことも可能ですが、役割を分担していくことも重要となります。