こんなことまでやるの!会社の命運を握る社員研修の現状


階層毎に異なる社員研修

社員研修といえば、企業が組織力を強固にするためにも必要不可欠といえるのではないでしょうか。毎日のオフィスでの業務とは異なり、組まれたカリキュラムやプログラムに則って進めていくことになります。研修と一口にいっても、その種類は多岐にわたるといえるでしょう。新人研修はもとより、中堅社員研修や管理職研修などまであります。むろん、それぞれの研修では、経験やスキルなどに合わせての取り組みが行われます。入社して間もない新人にはビジネスマナーや挨拶、名刺の渡し方などの基本的なことが中心です。一方、ある程度の経験を積んだ中堅社員になれば、より高度なノウハウやテクニックが求められます。加えて、幹部候補には経営的な考え方や方向性の見極め方などについてのレクチャーもします。

実行力の強化も必要!

企業が成長や発展をしていくためとして注目度が増しているのが研修です。現代社会においては会社の命運を握るといっても言い過ぎではないでしょう。リーダーシップ研修や営業力研修、コミュニケーション研修など、さまざまな研修が登場しています。ここまで社員研修がクローズアップされるのは、企業にとって最重要課題とされる人材育成の観点から見ても有意義だからといえるのではないでしょうか。日々の厳しい現場からでは学ぶことが難しいことも、社員研修の場では講師が丁寧に解説してくれます。「知っていること」は必ずしも「できること」ではないのがビジネスの現場でもあり得ます。少しでも実践できるようにするのが研修の目標です。

社員研修をする場合、外部に委託するのか、自社で行うのかよく検討することが欠かせません。どちらにもメリットデメリットがあるので、研修ごとに考えることも大切です。