こんな家電が欲しい? 発注するときの注意!


こういう家電が欲しいけど、世の中にはない!

こういう家電が欲しいけど、世の中にはない!そんなことってありませんか?しかし、自分だけの狭いニーズで、そうそう都合の良い商品が用意されてはいないもの。そういうときは、諦めるしかないのでしょうか?

新しいアイデアの味方、クラウドファンディング

いいえ。諦める必要はありません。一昔前は、いくらアイデアがあっても、専門的な知識がないと、それを商品にすることは難しいことでした。しかし現代は違います。アイデアとプロモーションさえしっかりしていれば、製品化に向けて資金を募ることは、以前に比べたら容易なのです。その際の強い味方が、クラウドファンディングです。キャッチコピーと製品の売りを上手にアピールすることができれば、世界中から資金を募ることができます。

プロトタイプを作る際の強い味方、3Dプリンター

新しい製品を形にする際、これまで小ロットではなかなか工場も発注を受けてくれませんでした。しかし現在は3Dプリンターという三次元の筐体を簡単にテストできるプリンターが存在し、簡単に「お試し」の製品を作ることができます。3Dプリンター自体は高価な製品ですが、レンタルのサービスもあり、費用を抑えることも可能です。

チップ部品と呼ばれるものを実装することをプリント基板実装と言います。手で実装することはほとんどないです。