タイムレコーダーアプリの利用で勤怠管理が効率化する


公平な勤務状況の管理が実現する

タイムレコーダーアプリを利用することにより、従業員同士の公平な勤怠管理が実現していきます。紙ベースのタイムレコーダーとは違い、アプリ形式の勤怠管理の場合には、打刻ミスや不正打刻を防げることも多いものです。勤務状況を正確に把握できることは、会社の生産性を高める上では欠かせない事項となります。勤務状況と就労内容に応じた、適切な人員配置を行うための指標となるからです。タイムレコーダーアプリの中には、給与計算機能を備えるものもあります。多くの人数を抱える会社では、月末の給与計算に多くの時間を要するものです。リアルタイムに勤務時間と、労働時間に見合った給与を計算できれば、売上目標に向けた的確なコストを見積もることが出来るのです。

タイムレコーダーアプリを導入する際の選び方

タイムレコーダーアプリを導入する際には、予算と使用目的に応じたものを選ぶことが大切です。勤怠管理を行うシステムの中には、パッケージ形式で活用するタイプと、クラウドサービスを利用して使うものがあります。導入費用に余裕がある場合には、購入する形のパッケージタイプを選ぶのが良いでしょう。初期費用を抑え、利用する期間中のみ使用料を払う予定の場合には、クラウドサービスを活用するタイプが適しています。

システムの中には、様々な打刻方法を提供するものも存在しています。専用のICカードを使うものや、スマートフォンを使った打刻が出来るものなどです。多くの導入業者では、事前に受けられる無料カウンセリングを行ないます。自社に相応しいシステムを、予算や使用目的を中心に相談していくことが可能です。

打刻した際に登録しているメールアドレスの元に打刻を知らせるメールを送る機能を所持しているタイムレコーダーが存在しています