新しく入社した人への社員教育のメリットとは!?どんな種類がある?


社会人としての最低のマナーを教えられる

企業で働く若い人の中には、社会人として必要な最低限のマナーさえ理解していない人もいます。そのような人が入社してからすぐに働き始めると、取引先に無礼を働いたり、職場で軋轢を生んだりしかねません。そのようなトラブルが起こるリスクは、社員教育でマナーを教えると下げられます。また、社員のマナーが良くなると、取引先からの評価が高くなる可能性があります。

企業に適した人材にできる

仕事における優先順位や経営理念などは、企業によって異なります。働く人には、その企業の色に染まってもらった方が、企業内での意思疎通がしやすかったり、考え方の違いが原因で起こるトラブルを避けたりできるでしょう。その、企業の考え方を従業員に教えることができる機会が、社員教育にはあります。したがって、新しく企業にやって来た人には、なるべく早い段階で社員教育を受けてもらった方が良いでしょう。

社員教育の方法は多種多様

社員教育として定番なのは、すでに働いている人に教育役を任せ、社内で実施する形です。教育の対象が少なければマンツーマンでも可能な場合があり、人数が多ければ講演会のような形になることが多いです。いずれの場合も、教育役の負担が大きくなりすぎないことが大切です。もし、教育役を任せられそうな人材がいない場合、社外に教育を依頼するという手もあります。社員教育を請け負っている会社は数多くあり、教育対象も幅広いです。そして、講師を会社に呼んだり、研修の形で社員を合宿させるなど、スタイルも多種多様です。

社員教育というのは、企業が経営方針と自社の商品を詳しく社員に知ってもらうための、教えです。例えば、車の販売業であれば、車の品質や性能などを社員に教え込むことがそれに当たります。