防犯対策のひとつ!ガラスフィルムの効果とは?


窓から入って来る侵入者対策に

住宅に侵入する空き巣などの犯罪者は、窓を割って入って来ることも多いです。その窓に防犯対策として施しておけるのがガラスフィルムで、窓に直接貼り付ける形です。ガラスフィルムは、ガラスと違って耐久力のある素材が使用されています。そのため、窓にしっかり貼り付けると、ガラスが割れたとしてもフィルムが残り、侵入者が入るスペースができにくいです。ガラスだけの窓だと、金づちや専用のカッターなどで比較的簡単に破壊することができます。しかし、ガラスフィルムが付いている窓だと、突破するにはガラスとフィルムをそれぞれ個別に取り除く必要があります。フィルムはハサミなど鋭利な道具を使用しても中々切ることができず、取り除く作業が手間となります。

侵入するまでの時間を稼げる

基本的に住宅に侵入しようとする犯罪者は、なるべく早く作業を済ませようとします。特に侵入前の段階では、近くに住んでいる人に見られて、通報されるリスクが高くなるので、侵入にてこずると諦める場合が多いです。そこでガラスフィルムを貼っておくと、中々侵入ができません。そうすると、作業全体にかかる時間も長くなるため、諦める可能性が高くなります。また、ガラスフィルムの存在自体を知らず、フィルムを貼った窓をただ厄介な窓だと思い込んでいた場合、力いっぱい割ろうとするかもしれません。そうすると、大きな音が発生するため、早い段階で侵入されそうだということがわかり、犯罪を未然に防げる可能性があります。

ガラスフィルムはスマートフォンの画面を保護するために使われるフィルムで、強度が高いだけではなく気泡が入りにくいというメリットもあります。